パチスロやめたい

パチンコに行かない方法【意志弱いから、他に頼って強制的にやめる】

投稿日:

パチンコに行かない方法【意志弱いから、他に頼って強制的にやめる】

 

 

えーどもぅ。マーシーです。

 

タトゥーの記事を書かなきゃな~と思ってるのに、これでパチスロ記事4連投です~。

ほんと意志弱いですね~。

今日はやめられなくてパチンコやスロットに、どうしてもいっちゃう人は意思が弱いですよ~って話です。

そんな意志力弱い人が、パチンコに行かない方法を書いています。

 

 

パチンコに行き続けていると、色んなハードルが下がる

パチンコに行き続けていると、色んなハードルが下がる

 

まず第一にパチンコに毎日とか通ってると、「パチンコに行く」っていうハードルがめっちゃ下がります

節約するとかって話の時に、コンビニでちょくちょく買い物してるとお金が貯まりにくいって言われますよね。

 

当たり前だけど。

 

でもそれと同じで、パチンコにどっぷりハマってる人ってコンビニ感覚でちょろちょろっと行っちゃうんですね。

時間が無い日でも、平気で数千円~1万円とかドブに捨ててきます。

 

毎日パチンコに行ってると、台の傾向とか、店の流れみたいなのもちょっと見えてしまうので、それもダメなんです。

そういう情報が、またあなたをパチンコへ行きたくなるように駆り立ててしまいます。

 

まずこの状態を抜け出しましょう。

 

強制的にパチンコに行かないように仕向ける事が重要です。

無性に行きたくなるかもしれないんですが、ぐっと抑えて数日~1週間行かない日を作ってしまいます。

そうすることで、「パチンコに行きたくなる衝動」が少しづつ薄れていきます。

1週間とか行かなかったら、かなり自分を制御できるようになってきます。

でも、その頃にまた無性に行きたくなるのでぐっと抑えてくださいね。

 

「薄れていく」というところがポイントで、完全には消え去らないので気を付けて下さい。

パチンコに行ってしまったら、またハードルがぐーっと下がってきますので。

 

また、パチンコに負けちゃうと何万も負けてますので、何百円の節約がバカバカしくなります。

結果コンビニでドカッと買い込んだり、無駄な買い物をしてしまいます。

果ては家賃とか学費とか、使ってはいけないお金まで使ってしまいます。

新しく借金を作ったりもしますので、本当に最悪です。

でもあなたがいけないわけではありません。

パチンコがある世の中がいけないのです。

自分を責めずに、向ける矛先はパチンコ店を憎みましょう。

パチンコ自体そのものを軽蔑し、嫌いになる事が行かない方法の一つです。

 

では話を戻しますが、どうやったらいつも行っていたパチンコに行く衝動を抑えられるでしょうか。

 

自分では止められない人は他の強制力を使う

自分では止められない人は他の強制力を使う

自分でなんとかコントロール出来れば良いのですが、おそらくこの記事を読んでいる人は難しいでしょう。

そこで、誰かの力を借りてなんとか自分を制御するようにします。

 

私の場合ですが、仕事の残業と偽ってホールに1時間くらい寄ってから帰ってました。

ですから、妻がいるので彼女の協力を仰ぎます。

本来は悩みを打ち明ければ、向こうから積極的に止めてくれると思います。

でも私みたいな人はプライドも高いので出来ません。

 

どうするかと言うと、会社を出る前に「帰るコール」をします。

その位は約束しておきます。

簡単な事ですね。

こうすることで、もう残業してから帰ると言えなくなるのでまっすぐ帰るしかなくなります。

そんなの言わずに打ちに行ったら一緒じゃないか、とか思うかもしれません。

でも、会社で「まっすぐ帰ろう」と頭で思っているうちならこれが出来ます。

こっそりパチンコ店に向かって、3千円だけ・・・。とか思ってると、

3千円が1万円、1時間が2時間、というような状況になってしまいます。

 

私の環境では、「妻」に「帰るコール」をするという選択ですが、違う環境の人も自分に置き換えてやってみてください。

 

例えば彼女しかいなくて、同棲していないとかだったら帰宅して食事の様子をラインするとかですかね。

ちゃんと家にいるよっていうアピールをしているように見せかけて、自分を強制的に帰宅させているだけです。

奥さんも彼女もいないとなると、結構厳しくなってきますが、その際は友達やお母さんでもいいかもしれません。

この際、誰でもいいんです。

 

誰かに何かをすることを自分に「強制」してください。

 

それくらい、「時間」が余ってしまう事はパチンコ・スロットに依存している人は危険です。

 

たぶん、正常な人が見たら「何をそんなアホな方法を堂々と記事にしてるんだ?」と思われるでしょう。

でも、パチンコやスロットに依存してしまう人は、なんらかの助けがないとほんとに行ってしまうんです。

 

 

ご褒美や、普段買わないもので誘惑する

 

パチンコ・スロットに依存してハマってしまってる人は金銭感覚がマヒしています。

1万円なんて紙きれぐらいの勢いでサンド(貸し玉を借りる機械)に突っ込みます。

 

でも、日常生活に戻れば割と普通の金銭感覚なんです。

スーパーで1~2万とか使う事なんて絶対にしません。

むしろ割引弁当がないかな~とか、パンだけで、おにぎりだけで済まそうとか思ってしまいます。

基本的にみんな貧乏なんです。負けまくってますからね。

 

というわけで、先ほどは誰かの強制力を頼って帰宅する方法でしたが、ここでは何か物品に頼って帰宅を促します。

 

パチンコに行かない方法として、「贅沢」をします

 

普通の人からしたら絶対にしないような無駄遣いをしても構いません。

一人暮らしだったら、無駄に高いビールとか弁当を買ってみても良いでしょう。

コンビニとか、あとはどっか定食屋にでも入って1食で3千円とか使ってしまいます。

弁当とか、総菜買ったらそれもってパチンコに行くやつはいませんからね。

(ほんとはたまにいます…。ごくたまに)

普通の人からしたら無駄なお金を使ってしまうようですが、パチンコで使う額よりは絶対に安く済みます。

お金の管理を放棄する

自尊心を傷つける方法ですが、これはかなり効きます。

一切のお金の管理を誰かに委ねます。

奥さんだったり、彼女だったり、親だったり、兄弟だったり、会社の社長とかだったり。

かなり末期的状況ですが、お金を持っていないものは打ちようがありません。

ただ、カードロンなど借金して遊ぶという事は可能なので注意が必要です。

出来ればこういう状況にはならず、なんとかパチンコやスロットの誘惑に打ち勝ちたいと思うものです。

 

そこで、出来ればお金を使うだけではなくて、余った時間も消費できると尚良いです。

 

趣味や遊びでパチンコに行く時間を奪う

趣味や遊びでパチンコに行く時間を奪う

 

とにかく自分からパチンコ店に行く「時間」を奪ってしまいます。

それが出来ればジムに通ってもいいですし、友達と飲みに行ってもいいでしょう。

キャバクラとか風俗はお金を使いすぎるのでお勧めしません。

ごっそり減ったお金を見て、また一発逆転という名の蛇が首をもたげてきますからね。

 

昼間であれば、普段なら絶対にもったいなくて行かないようなカフェでゆっくりするのもいいでしょう。

ただ日中に時間が出来てしまう人は、出来ればなんかいい趣味見つけて没頭した方が良いですね。

 

多分だいたいのことをやっても、パチンコとかスロットで負けるより軽症で済みますからね。

まぁみんなわかってることです。

わかってるのに行ってしまうのが問題なんですよね。

だから、この記事で書いている努力をおすすめします。

 

パチンコに行かない事で出来る事を考える

パチンコに行かない事で出来る事を考える

 

私の場合は最近子供が生まれました。

もちろん可愛いので、その団らんの為に早く帰宅するように考えました。

1時間早く帰る事で、妻の負担が少なくなるなら、子供の顔が長く観られるならと思い立ったわけです。

パチンコに行って何も得られない時間で「有意義な時間」が過ごせます

 

でも、果たしてそれだけでしょうか?

 

「否」いな

 

その1時間には、パチンコに行っていた1時間以上の効果があると思っています。

 

というのも、負けて帰ることによって収支がマイナスだったイライラが残ります。

また無駄に体力を消耗しているので、家事への協力が減ります。

それはそのまま夫婦関係に直結してきますよね。

 

これは相手が彼女であっても、親であっても同じかなと思います。

あなたが勝手に作ったイライラによって、家族が振り回されるハメになります。

こんな無駄な事はないと、真剣に考えれば自分へのブレーキになると思います。

 

そんな無駄な時間があれば、副業でもして1円でも稼ぐことに執着した方がよっぽどマシです。

働かなくてもジムへ行って体を鍛えるでもいいでしょう。

あまり有意義とは言えませんが、ゲームや趣味に没頭するんでも良いでしょう。

とにかくパチンコに行かない方法とは「自分から遠ざける事」が最重要です。

まず第一歩としてパチンコに使える「お金」、「時間」が無い状況を無理やり作る事です。

そして出来ればパチンコに代わる趣味を見つけて下さい。

 

かなり簡単な事ではありません。

 

パチンコの存在を毛嫌いして、店員を見たら睨みつけるぐらいのつもりで、新台情報なんかには目もくれないでください。

 

今日も1日、一切パチンコやスロットの事は忘れて、頑張りましょう。

 

-パチスロやめたい
-

Copyright© TATTOO , 2019 All Rights Reserved.